インフォメーション

2021-03-28 02:18:00

4年ほど前でしょうか? ジビエの蝦夷鹿をコースのメイン料理として投入しました。

初年度はやはり、そこそこ敬遠されました。2年目はそれほどでもなく、

3年目になると「ああ、コレコレ」みたいに認められはじめました。

いまでは秋口になると・・・「鹿はいつぐらいからやるの?」と

問い合わせが来るまでになりました。

素晴らしい材料を手に入れられるおかげなのですが、

肉の「クセ」と「風味」は紙一重でありまして、

食べこんでいくうちに慣れていくものでもあります。

 

その風味は、鶏・豚・牛にはない独特のもの・・・

それこそが、肉の「個性」であり

肉文化を柱とするフランスの料理の美味しさだと思うのです。

 

長くなりましたが・・・(笑)

 

仔羊のナバラン風煮込み。想定したよりも好評を得ております。

小学生のお子様がソースまで拭ってあったりして皿が超キレイに・・・。

食べられるのか心配していたのを安心させてもらいました。

それとこの煮込み、ワインとの相性の幅が広くてさらに楽しめます。

 

ボルドーの白がおすすめですが、赤でも良くワリと何でもいけそうです。

 

来年はキャレ・ダニョーいけるかな? まだロティは早いかな・・・?